模型工作等に使用する物 - 塗料

■模型工作等に使用する物 − 塗料

塗装方法や塗料には様々な種類があります

Nゲージ車両改造の中でも最も基本的といえるのが色変更です。見た目がガラッと変わるので面白いです。
色を変えることにより、世界にたった一つ、自分だけのオリジナル車両なんて物も作れちゃいます。
色を変えると言っても様々な方法があります。カラーを筆で塗ったり、スプレーで塗ったり、エアブラシで塗装する方法が一般的でしょう。
模型で、クロームメッキの表現をどうするかというのはモデラーの悩み所です。
各社からいろんなシルバー系の塗料が出ていますが、やはり純粋なメッキの輝きにはかないません。
しかしそこそこのモノも最近はあるようです。
また、塗装前にサーフェイサーとプライマーを塗布しておくと塗装が剥がれにくくなりますし、発色が良くなります。
塗装をはがす物や、塗料を薄める液も用意しておくと大変役に立ちます。

カラー

※カラー・・・筆で塗ったり、エアブラシで吹き付けて使用します。一度に厚塗りはせず、塗料の濃さをうすめ液で調整し数回に分けて塗装を行うと綺麗な塗装面に仕上げる事ができます。



スプレー

※スプレー・・・吹きつけて塗装します。カラーと同じで数回に分けて塗装します。



エアブラシ

※エアブラシ・・・圧縮した空気を使って塗料を霧状にして塗装する道具です。カラーを薄めて使用します。



サーフェイサー

※サーフェイサー・・・ 塗布する事により、下地を均一の色に統一する事ができます。また、非常に食いつきが良いので塗料が乗りやすくなるという効果もあります。



プライマー

※プライマー・・・ 塗装する際の下地塗料です。車両やパーツに予め塗ることで、塗料の食いつきをよくします。



塗装はがし液

※塗装はがし液・・・塗装に失敗した時や、塗装済み完成品の再塗装を行うときに、塗ってある塗料をはがす為の溶剤です。



カラー薄め液

※カラー薄め液・・・カラーを薄める他、筆の洗浄にも使用できます。